どんなに心配でも、お金を貸してはだめです

学生時代に仲が良かった友達A子に、十数年ぶりに同窓会で再開しました。学生時代、A子はどちらかというと活発でオシャレが好きな性格でした。しかし、久しぶりに会ったA子は、痩せたというよりはやつれたというような、どこか疲れた雰囲気を感じました。仕事が忙しいのかな?と、深くは気に止めずに、同窓会では昔話に花を咲かせて終わりました。仲が良かったこともあり、すぐに打ち解け、楽しく話ができました。しかし、時折見せる悲しそうな表情にも、気づいていました。

気のせいかもと、思うように過ごしていましたが、どうしても気になり、メールを送りました。後日、A子の住んでいるアパートで会うことになりました。着いてびっくりしたのは、すごく古いということ。アパートのまわりは木が生い茂っていて薄暗く、少し不気味な雰囲気でした。家の中も六畳の部屋がひとつの、いかにもお金がないことを物語っていました。あんなにおしゃれで綺麗だったA子がなぜそんな生活になってしまったのか。話を聞くと、「お父さんが借金をして、夜逃げをした。お母さんは他界しているため、そのお金を返している。」とのことでした。とりあえずちゃんと食事をまず取ってもらいたいと、コンビニへ行き、5万円を貸すことにしました。1カ月後、また5万円を貸しました。

A子は「本当に申し訳ない。人からこんなに親身に良くしてもらったのは久しぶりすぎて」と涙を流していました。その姿に騙されていたのです。半年が過ぎ、貸したお金は全部で40万円になっていました。ある日、友達となにげなく食事をしていたとき、その友達がA子の話をしてきたのです。「A子、ホスト通ってるらしいよ」と。すぐにA子のもとへ行き、留守だったので帰りを待っていると、派手なミニスカート姿のA子が帰ってきたのです。

驚いた表情を見せたかと思うと、すぐに開き直った態度になり、「ちゃんと返すから」とうっすら笑いながら言うのです。その態度に頭に来た私はそのままA子に手をあげてしまいました。それから、1ヶ月に1回お金を少しでも返してもらおうと通っているのですが、居留守なのか音沙汰もありません。結局、3年が過ぎた今、帰ってきたのは5千円です。仲がよかったからといって、お金の問題は情に流されては駄目ですね。

金銭トラブルのイメージ

名義貸しで作ったカードの請求ハガキが…。

私の弟のことです。弟は現場の仕事をしており、最近入ったばかりで周りはみんな年上の先輩です。付き合いで仕事終わりにパチンコや夜のお店に行ったりで給料のほとんどが消える、親に生活費なども払えない状態と話をしていました。その次の日、自宅に弟の名前で金融からの請求ハガキが届き、両親も「まさか金融に手を出すわけがない」と、弟の仕事が終わるのを家族で待ちました。

弟は知らないフリをし自分の部屋に行こうとしましたが、母親が「ハガキみせなさい」と言い、みんなで確認しました。明らかに弟の名前で100万円の借金があり、明後日までに5万円返金するようにと記載もありました。母親が泣きながら弟に問いつめました。すると「自分の借金ではない」とのこと。先輩が全ての金融でブラックリストだが、お金が必要だから変わりにカードを作ってほしいと頼まれたというのです。

さらにはカードも取り上げられ最初は10万円との約束のはずが100万円まで借りられていました。弟の給料からも10万円以上借りていたみたいで、毎月生活費も払えずカツカツだったことも打ち明けられました。何に使ったのか聞くと全てギャンブル。弟は「親にバレたから」と先輩に返金を請求しましたが、連絡が途切れてしまい仕事も来なくなったみたいで返す気などなかった様子です。母親も金融や警察に電話をしても聞き入れてもらえず、その時は泣き寝入りしかなかったのです。でも最後の手段で、先輩の実家の住所を調べ、彼の両親に話したところ謝りながら数ヶ月かけて返金していただきました。

お札を持つ手

賃貸の壁を壊されたのに修理代を踏み倒された

学生時代の友人に酒を飲むと前後不覚になるいわゆる酒乱がいました。社会人になってその友人を含めて自宅飲みをしたのですが、その友人が例によってはしゃいでゴルフクラブを室内で振り回し、賃貸の部屋の壁に穴を開けてしまいました。後日、しらふに戻った友人にそのことを告げて、自分がこの部屋を退去する際にオーナーからこの壁の修理代を請求されて敷金から引かれることになるので、その際はきちんと払ってもらうということを約束させました。

その件に関しては約束させたことで、ひとまずそれ以上責めずに同じような友人としての付き合いが続きました。1年ほど経って私がその賃貸の部屋を退去する際に、案の定オーナーから約30000円の修理費用を請求され、敷金から引かれました。私はその部屋に画鋲の穴すら開けないように丁寧に使っていたのでその壁の穴以外の修理代は発生しませんでした。つまりそれさえなければ敷金が全額戻ってくるはずだったのに、友人が酔って開けた穴のせいで30000円かかったのです。

当然その旨を友人に伝えたのですが、あろうことか友人は「その30000円には、お前の生活で汚した壁紙の汚れや画鋲の穴などの劣化も含まれているはずだ。どさくさに紛れて全部自分に払わせるなんてがめついヤツだ!」と逆切れして猛烈に私を批判してさらにその言い分を周囲にも触れてまわりました。何度連絡しても「30000円欲しさに俺と友達をやめるつもりか?」などと言って聞かないので私は30000円を諦める代わりにその友人との付き合いを止めました。

壁の穴

反面教師の父親、その被害者の母親とこどもたち

実の父親が金銭面にとてもルーズな人でした。父は学歴が無いものの仕事人間だった為に、それなりに稼いでいました。小さい時は私に「ボーナスの額を当ててみろ」などと言い、自分がどれだけ稼いでいるのか自慢していた程でした。それにも関わらず10年ほど前、兄弟たちがだいぶ大きくなってから父が自己破産する関係で家を売ると告げられたのです。

お金の管理は父がしていた為どのようになっているかは知らされてはいませんでした。これに関しては母にも非があるかもしれません。我が家の家計についてもう少し考えて介入すべきでした。父は自己破産する前に脱サラして会社を辞めました。辞めた会社でも金銭のトラブルがあり居づらくなったようです。母が言うには横領をした部下をかばったとのこと。それ以外にも会社の若い部下たちと飲みに行き毎度そのお金を支払い、私達兄弟が小さい時は自分だけ旅行に行ったりしたそうです。

私が病気で入院した際も入っていた保険が勝手に解約されていて、入院費にとても困ったと話していました。父は脱サラ後に自分で会社を経営したのですがお金にきちんとしていない父が上手く行くわけもなく、何千万という借金を背負いました。母は連帯保証人になっていた為に同じように自己破産になったのです。

私達家族は家を売りました。父には呆れ果て顔を見るのも嫌になりました。父は何故母や私達兄弟がそんなに怒っているのか理解できないようでした。「家族なら助け合うべきだろう」と言っていました。被害を一方的に受けるだけの関係に助け合うも何もないだろうと私は思うのですが、キョトンした顔してるのが本当に腹立たしかったです。

家とお札

お金を返すのが遅れたら絶縁に

20代の頃私が兄からお金を借りてトラブルになり、数年間連絡を取らなかったことがあります。借りた金額は1万円と少ないのですが、返す約束の日に間に合わず数日経過していました。 そんな時私の職場に兄から電話があり、怒り口調で早く返せと言ってきました。私は実家ですが兄は1人で暮らしていたので、必ず連絡がつく会社に電話したみたいです。

職場だけに話す内容には限界があり、周りを意識しながら話をしましたが、兄は御構い無しで大暴れ口調で私は困っていました。 その時はお金が無くてすぐに返すことができず、待って欲しいと言っても聞き入れてもらえませんでした。

そんなやり取りをしていた私を、疑問に感じた上司が話かけて来ました。兄との電話を中断して上司に理由を話すと、そのお金貸すからお兄さんに返しなと、言ってくれたので兄に返すと伝え電話を切りました。

1万円はその日の夜兄に返し、職場に電話して大暴れした兄に対し怒りを感じ、付き合いを止めることにしました。 3年位は全く連絡を取らないでいましたが、お金を返さなかった私も悪いと反省し、兄に連絡を取り仲直りしました。 今はお互い結婚して家族もいるので、付き合いはありますが過去の苦い経験があるだけに、本当の仲の良さはありません。

暴言を吐く人

どんなに仲良くても貸し借りはできない

大学生の頃、一年大学を浪人した友人から授業料が払えないから50万円貸してほしいと頼まれました。 その友人とは幼いころからの付き合いであり、家族ぐるみで仲が良かったこともありましたが、50万円という大金は貸せるわけないと最初は答えました。 「なんで親に借りないのか?」「授業料は自分で払っているのか?」と聞いてみたところ、「親には今まで色々と迷惑をかけてきたから金の工面はお願いできない。授業料は自分で払っており、奨学金の申請もすでに通っているから数ヶ月後からは定期的に返せる」という返答が返ってきました。

少額ならまだしも50万円はやはり無理だと伝えたところ、30万でもいいからお願いしますとその場で土下座をされました。また奨学金に関しての書類も見せるから信じてほしいとも言われました。 そこまでされては私としても断るに断れなくなってしまい、30万を貸すことに合意しました。 返済は奨学金が振り込まれるという3ヶ月後から毎月10万円づつ3ヶ月間ということで決まりました。

貸してから3ヶ月経った頃に、彼から何も連絡がなかったため彼に電話をしてみると、まさかの電話が使われておりませんのアナウンス。 なんで繋がらないんだという怒りと何か起きたのではないかという心配の感情に揺られました。 その友人と共通の友人にも連絡をしてみましたが所在はわからず、彼の家族に連絡することを決意しました。 彼の家族は、彼とは特に連絡を取っていたわけではなく電話が通じないことも知りませんでした。 彼の家族は私に謝罪をし、30万円をすぐに返してくれました。

それからは警察への届け出なども出したらしく彼の捜索が始まりました。 私が彼の家族を訪ねてから10日後くらいに彼は実家に帰ってきました。 彼は「彼女に監禁されていた」と伝えたようですが、私からお金を借りていたことなども黙っていたこともあり親は激怒。 結局は大学を退学し、私も全く連絡を取っていません。 この一件以来、どんなに付き合いの長い友人でも3万円以上の貸し借りはしないと心から誓いました。 後味の悪い話ですが、この経験はお金の持つ力には友情を壊すことも可能であるということを認識しました。

たくさんのお札

結婚したのが地獄の始まり、独身に戻りたい。

私は結婚をしてから本当に地獄の連続です。離婚していないのが不思議なくらいだと自分でも思っています。結婚する前に、今の主人に「カードローンや借金があるなら嘘をつかずに教えて下さい」と先に言ってもらいました。そしたら約30万円ほどありました。そのお金は私が支払いました。これでまずは新婚生活を送っていけるなと思いました。私達はお互いに自営業だったため自宅に職場をつけるリフォームを行いました。それも無事終わり。私は独身時代に自分のお店を持つためにとコツコツ貯めた貯金がありました。そして結婚祝いのご祝儀なども全て寄せてためていました。

そして結婚して1ヶ月経った時、主人に請求がきました。まず東京に住んでいた時の住民税、まだあったカードローン、東京時代の事務所の滞納金。しめてこれが120万。その1ヶ月後にまた主人に請求が大学のお金約400万。そして仕事でミスをして裁判所沙汰になっていた損害賠償1000万円。この事主人の両親は全て知っていました。連帯保証人になっていたりしたので。私は今まで借金とは無縁の人生を送ってきました。すべて借金に飛びました。私の両親にも200万かりてまで返済に回しました。こんな状態に主人の両親は1円たりともお金を出しませんでした。

この間に私は出産し子供のためにと必死に働いています。3つ掛け持ちしながら働いたらさすがに体を壊し、今は治療もしながら働いています。借金が多すぎで主人は自己破産をしました。正直、主人は何もできません。今主人は勤めについていますが、正直たりません。毎日お金に頭を悩ませている毎日です。勝手に私の名前を使って使われたカードの返済などに今は追われています。本当にこの人と出会わなけれはこんな苦労しなかっただろうなと思います。私の両親にも申し訳なくてしかたないです。主人の両親は恨みしかありません。まずは自分の子供を立派に育て上げたいと思います。

燃えるお札のイメージ

金銭トラブルの筆頭は連帯保証人になること。

親友が結婚して自宅を購入する際に、銀行や日本金融公庫から融資を受けても足りない分の1000万円を、民間のローン会社から融資を受ける条件として「連帯保証人をつけてください」といわれたと頼みにきました。そして、20年来の親友ならばということで断るにも断りきれず私の家と200坪の土地を担保にし連帯保証人になることを承諾しました。

しかし、5年前に彼が働いていた会社が倒産。労働者福祉事業所から10万円の退職金と未払いの20万円の賃金は立て替えてもらいましたが、肝心の毎月10万円のローン返済には所詮焼け石に水でした。しかし、何とか、銀行を通して日本金融公庫に対して15年間の免除申請を申請してその間だけは派遣社員として働きながらローンを払っていったのですがそのうちその派遣会社もクビになりまた、失業状態になってしまいました。そして、ある日、私が親友の自宅を訪ねていったところ自宅はもぬけの殻となっており親友と奥さんは夜逃げをしてしまっていました。

公庫も銀行も連帯保証人の私に、「連絡が取れない以上、私に2000万円のローンを払ってくれ」と再三言って来ました。仕方なく親友のローンを200坪の土地を売りながら払っていったのですが、悪いことは重なるもので私が過労から脳梗塞を患い働けなくなったのです。仕方なく、妻がパートととしてはたらいたお金もローンに充当するようにしましたが、今度はその私の妻も過労で倒れしばらく働けなくなりました。その間私も妻も携帯で彼のいそうな居場所を警察や友人と捜し続けて、やっとの思いで約1年ぶりにみつかり司法書士や弁護士と相談し、競売ではなく任意売却の申請を出すことにし決着を見ました。どんなに親しい友人からの頼みでも、連帯保証人には絶対になってはいけないと思いました。

契約書に捺印する手

防犯意識を高くもつようになりました。

20年ほど前の私の父親の体験談です。田舎出身の父は、防犯意識が低く、家の鍵や車の鍵はいつも開けっ放しでした。財布もあまり持たず、大金をそのままズボンのポケットに入れて持ち歩いたりしていました。仕事で、県外の都市に出かけた時のことです。支払いをするために銀行でおろした10万円を、そのままいつものようにズボンのポケットに入れて、人混みをひとりで歩いていました。

しばらくすると、商店街の人混み中で、自分の真後ろにやたら引っ付いてくる人の気配を感じたそうです。なんだろう気持ち悪いと思って、振り返ると男の人がすーっとそのまま自分の横を通り抜けていったそうです。変だなと思いながら、男の人がいなくなったあとに、あっ!と思ってポケットを確認しましたが、お金がありませんでした。

実際にとられたところを見たわけではありませんが、それしか考えられないと父は言っていました。警察にも相談したそうですが、大金をポケットにそのまま入れておいた方にも落ち度はあると怒られたそうです。そして結局、犯人は見つかりませんでした。それとともに被害にあった都市が嫌いになってしまい、旅行などもあまり行きたがらなくなってしまいました。トラウマになってしまったようです。

それ以来、人混みを歩く時には絶対にファスナー付きのカバンに財布を入れて、肌身離さず持ち歩くようにしていました。田舎の環境で育ち、防犯意識が緩すぎたと後からとても反省していました。

財布を盗むスリの手

お金を貸したが連絡が取れなくなった

3年くらい前に付き合ってた女性とのトラブルです。その人とは婚活パーティーで知り合いになり次第に仲良くなり付き合うようになりました。付き合っている当初はよく家にも遊びに来てくれていたしこちらから誘っても快くOKしてくれてました。

付き合って約半年くらいの時でした。ちょっと相談があると言われて夜の22時くらいにファミレスで落ち合うことになりました。別れ話かな、とか色んなことを考えながら向かったのを覚えています。内容を聞いてみると、5年前くらいの家の固定資産税が未納になっていて、利息などもあり20万円必要だとのことでした。

彼女は片親で母と彼女の二人暮らしでした。なぜその期間だけ未納だったかと聞くと、彼女はその間は家に居なくて上京して学生をいていて、その間母が払っていたはずだったのだが払いもれがあったとのこと。今月中に払わないと給料など差し押さえに合うと、かなり困った様子でした。

こんなこと他に頼れる人が僕しかいないと言われ次の日に銀行から20万円おろして、月に2万円返済を条件に彼女に貸しました。その出来事があって次第に彼女とは合う頻度が減っていきました。彼女からは会おうとは言わなくなり、こちらが会おうと言っても断られることも増え、月に2回会うかどうかくらいまでに減りました。返済についても今月は厳しいからごめんなさいと断られました。そこで気がつきました。騙されたと。そう思うようになってからは僕もふっ切れました。催促ばっかりの電話、メールをし続けました。残念なことに彼女の家を知らないのでそれしか手段が思い付かなかったです。そして着信拒否、メール拒否にされ途方にくれました。金の切れ目が縁の切れ目とはまさにこのことでした。

詐欺と気付かず振込する男性