Monthly Archives: 2月 2017

寮での実際に体験した金銭トラブル

私は現在19歳で、大学生です。今は寮に住んでいるのですが、やはり寮なので半年に何回かは金銭トラブルが起こります。その中に私も入っています。その時の話です。

私が夜勤から寮に帰ってきて部屋に戻ってそのまま財布は横にほったらかして昼過ぎまで爆睡していて、よし、今から学校で授業あるから行こうと思ってシャワーを浴び学校へ行く準備をしている時、学生証が入ってるか財布を確認すると、学生証は無事入れていましたがそれより大事な5000円札が綺麗に抜かれており財布の中のお札が空っぽになっていました。

私はどんなことがあっても財布の札の中身は確認してから寝るので完全にスリにあっていました。しかも自分の部屋で。警察を呼ぼうと思いましたが今まで盗まれた人達が警察を呼んでも結局犯人が見たからなかったということをずっと聞かされていたので警察は呼びませんでした。

私は犯人はもちろん恨みましたし、同じ寮の仲間なのにお金を取るなんて人間がすることかなぁ、と思いましたがやはり私の管理不足というのを1番恨み後悔しました。そしてこの経験があってから人を簡単に信じることが出来なくなりました。人間には色々な人がいるのは事実なので、貴重品の管理とお金の管理だけは慎重にするべきです。

お札の入った長財布

元同棲相手に貸したお金はいずこへ

これは私が1年ほど前、4年ほど付き合っていた元同棲相手の話です。付き合って2、3年あたりは金銭トラブルも何もなく平穏な日々を過ごしていたのですが、3年過ぎたあたりから彼女の金回りがなぜか悪くなり折半していた生活費の支払いが滞るようになっていきました。

それが最初の方は電気代の支払いを忘れたから代わりに振り込んでおいてなど簡単でありがちなミスをする程度だったので気にも留めていなかったのですが、それが毎月のこととなっていき狙ってやっていることに気づき始めてから関係が怪しい方向に向かっていきました。

序盤はただただ相手のことが心配で、何か負債を背負ったんじゃないかとか変な契約を押し付けられて借金を抱えたのではないかと心配していました。案の定、怪しげなエステでの高額な契約を交わしており、それの支払いが厳しくその矛先が私に向かっていたようでした。

その後、きっちりとお金の使い方や支払いはしっかりすることを話し合ったのですが、来月分のお金がどうしても足りず電気も水道もガスも止められてしまうから5万だけ貸してくださいと言われて仕方なく貸した後に別れを告げられ音信不通となってしまいました、被害額としては10万強といったところでしょうか。

お札と小銭

大学生の頃の失態が盗難被害を招きました

大学生の頃の話です。文科系の部活て会計係を任されておりました。金庫がわりの分厚い財布が代々の会計係に引き継がれており、部専用の通帳や何万もの現金が入っていました。金庫にストックしておく金額は会計係の裁量で、数万円貯まったら通帳に入金しに行くことに、なっていました。

常に金庫を持ち歩くのは不安で、かと言って学校にいる時にすぐに取り出さなければいけない時もあります。なので大学の個人ロッカーを使用していました。もちろん鍵つきです。

ある日、帰り際にロッカーから教科書を取り出す用事があり、ロッカーを開けました。すると携帯に電話がかかり、相手と話しているうちに扉を閉めた後、鍵をかけ忘れたまま帰ってしまったようです。その時、金庫の中には8万円ぐらいの現金が入っておりました。

2日後、ロッカールームへ行くと自分のロッカーの扉がわずかに開いています。血の気が引きました。この時、初めて鍵をかけ忘れていたことに気がつきました。やはり金庫の現金は引き抜かれていました。結局部員には相談できず、ポケットマネーで補充することに。

一体誰が抜き取ったのだろうか悲しくなりました。大学内、それに外部の人は入りづらい学校なので同じ大学の学生の可能性が高いです。学校全体は、学生も含めて温かく、良い人ばかりだと思って毎日快適に通っていたため悲しくなりました。また、自分の愚かさ、注意不足や羞恥心から失態を告白できない自分が腹立たしくも思いました。もう10年以上も前の話ですが、今でも消したい過去の一つとして心に残り続けています。

ロッカー