Monthly Archives: 5月 2017

タイヤ代を貸してから返ってくるまで1年半

私は当時二十歳でまだ家庭も持っておらず、お金の大切さを軽く見ていたころでした。お金を貸したのは当時付き合っていた彼氏です。彼氏は自衛隊のパイロット。車は高級車に乗っていました。ある日のデート、いつも通りに高級車で迎えに来てくれた彼。冬も近くなりそろそろタイヤ交換の時期でした。車内で彼が、タイヤ交換しなきゃないんだけど、今お金がなくてさぁ…なんて話を会って早々にしてきました。

お金に疎かった私は「良いよ~タイヤ代いくら?」と貸すことにしました。20万円でした。独身でしたのでそれくらいのお金はポンと出してしまいました。貸してほしいなんて言われていないのに、惚れた弱味と言うんでしょうか…貸してしまいました。少しずつ返すからと言われたものの、半年で返してもらったのは5万円。今思えば自衛隊のパイロットがお金持ってないなんて考えられません。

でもお金返してなんて言えずそれから数ヶ月後、彼氏は昇格に向けた勉強のために関東へ行きました。約半年くらいの遠距離恋愛が始まりました。普段から連絡をマメにとらない私達。3日に1回くらいのペースでメールする程度でした。関東へ行ってからよほど忙しかったのか、今までよりもっとメールの頻度は減っていきました。遠距離が始まって3ヶ月後にはほとんど返事が返ってこず、私から一方的に送る感じになっていました。

結局激務で恋愛どころじゃなくなった彼氏と、付き合っているのか疑問を感じた私。別れることになりました。ですがまだ終わらせるワケにはいきません。なんとしてでもお金を返してもらわねば。ということで「残りの15万円返して。口座番号は◯◯」と冷めた感じでメールを送りました。数日後には無事に振り込まれておりました。そこでさっぱり関係は切れました。金の切れ目は縁の切れ目って本当だなと実感しました。

タイヤ整備の様子

完済後にまた払えと言われて裁判に

以前生活保護で苦労していた時の話です。パチンコが好きで行ってたんですが、その日はむきになって、全財産パチンコにつかってしまいました。生活に困ったため、泣く泣く友人に借りることに。一度に全部返金できないので、分割払いで大丈夫と言ってもらいました。

そして返済していき全額返し終わったはずですが、まだ返して貰って無いと裁判を起こされたのです。借用書も領収書もなく信用しきっていた自分が馬鹿でした。裁判の結果は私に支払義務があるとのこと。でも実際には払い終わっているので、絶対払いたくありません。まだその他の借金もあったので、自己破産することに決めました。

生活保護なので法テラスという制度を活用して、お金がかからない方法で自己破産の手続きをしていただいて無事成立しました。結局きれいになれたのでその友達には感謝ですが酷い話です。一度払ったものを最初からもう一度払えというんだから、人は信用できませんね。

パチンコ三昧だった自分も悪いですが友達も酷いです。馬鹿にしてるのか領収書も無いのに裁判起こすなんて、悪魔以外何者でもない。二度払わそうとする諸行は鬼です。それっきりパチンコもやめて友だちとも縁が切れて音信不通になりました。しばらく人を信用できなくなり対人恐怖症になりました。

裁判所のプレート

病院からの奨学金、お礼奉公についてトラブル

私は現在理学療法士として働いています。学生の時(夜間部)とある病院で奨学金がもらえるとの情報があり、直接話を聞きに行きました。病院からは奨学金全額と月10万程のお手当が貰える代わりに、5年間働くことを要求されました。良い条件だったので契約書を交わして、その病院の就労学生となりました。

奨学金とお手当は一年間分支払われたのですが、その病院の事務長から急にこれ以上出せないので、今までのお金を全部返すかそれがダメなら5年間働くかするようにと一方的に言われました。それで困った私は地域の無料の法律相談に行きました。そこで相談にのって下さった弁護士さんによると、このお礼奉公自体が違法な行為なので、今までの貰ったお金は返さなくても大丈夫と言われました。

それからそれを元に病院と話し合いを繰り返したのですが、事務長からの高圧的な態度や病院側から脅しの様な手紙を送ってくるようになりました。それで最終的に弁護士さんに頼まざる負えなくなりました。依頼した弁護士さんの名前で文章を作成してもらい、それを病院に送りました。それからは今まであった学費の返済要求等がなくなり10年以上連絡が来なくなったため返済義務がなくなり現在に至っています。

病院のイメージ

面倒見のよい先輩だったのに

知人であれ、お金の貸し借りは良くないという話です。職場の先輩で、かなり年上の方なのですが、いつもお世話になっており、また私もだいぶその方を慕っていて良い関係を気付いておりました。普段から食事に行くことも多く、またそういった時には必ず奢ってくれていて、懐の深い面倒見のいいおじさんだなと思っていました。

ある時いつものように飲んでいると、突然三万貸してほしいと言われました。少し戸惑いましたが、今まで奢ってもらった分を考えるとおつりがくる金額ですし、そもそもお金の無心をするようなタイプの人ではなかったので、余程のことがあったのだろうと理由を聞かずに貸しました。正直この時は返ってこなくても良いという気持ちでした。

ところが数週間たっても返すそぶりすら見せず、また普段は本当に良い人なので、こちらからの言い出しにくかったのですが、そうこうしているうちに、また三万と頼まれました。前回のこともあったので、一応理由を聞きましたし、また前回の返済を受けていないことも確認しました。

理由はギャンブルだそうで、お小遣いの範囲でやっているそうなのですが、少し負けがかさんでしまって、手持ちが厳しいという理由でした。勝ったらすぐに返す、とも言っていました。ギャンブルの借金をギャンブルで返すという発想に若干引いた部分はあったのですが、三万円という金額は、我々の給与からすればたいした金額ではありませんでしたし、ノリというか、威勢のよさみたいなものが重視される雰囲気でしたので「マジでしっかり勝って返してくださいよ笑」のようなテンションで再び貸しました。

ところが結局帰って来ず、また言い出せず、そして先輩は微妙に仕事に関しても私から距離をとるようになりました。知っている関係性だからこそ言い出せず、また大事にしては仕事がやりづらくなってしまうのも見えていますので泣き寝入り状態です。

お金に関するよくないイメージ