Category Archives: 親類とのトラブル

反面教師の父親、その被害者の母親とこどもたち

実の父親が金銭面にとてもルーズな人でした。父は学歴が無いものの仕事人間だった為に、それなりに稼いでいました。小さい時は私に「ボーナスの額を当ててみろ」などと言い、自分がどれだけ稼いでいるのか自慢していた程でした。それにも関わらず10年ほど前、兄弟たちがだいぶ大きくなってから父が自己破産する関係で家を売ると告げられたのです。

お金の管理は父がしていた為どのようになっているかは知らされてはいませんでした。これに関しては母にも非があるかもしれません。我が家の家計についてもう少し考えて介入すべきでした。父は自己破産する前に脱サラして会社を辞めました。辞めた会社でも金銭のトラブルがあり居づらくなったようです。母が言うには横領をした部下をかばったとのこと。それ以外にも会社の若い部下たちと飲みに行き毎度そのお金を支払い、私達兄弟が小さい時は自分だけ旅行に行ったりしたそうです。

私が病気で入院した際も入っていた保険が勝手に解約されていて、入院費にとても困ったと話していました。父は脱サラ後に自分で会社を経営したのですがお金にきちんとしていない父が上手く行くわけもなく、何千万という借金を背負いました。母は連帯保証人になっていた為に同じように自己破産になったのです。

私達家族は家を売りました。父には呆れ果て顔を見るのも嫌になりました。父は何故母や私達兄弟がそんなに怒っているのか理解できないようでした。「家族なら助け合うべきだろう」と言っていました。被害を一方的に受けるだけの関係に助け合うも何もないだろうと私は思うのですが、キョトンした顔してるのが本当に腹立たしかったです。

家とお札

お金を返すのが遅れたら絶縁に

20代の頃私が兄からお金を借りてトラブルになり、数年間連絡を取らなかったことがあります。借りた金額は1万円と少ないのですが、返す約束の日に間に合わず数日経過していました。 そんな時私の職場に兄から電話があり、怒り口調で早く返せと言ってきました。私は実家ですが兄は1人で暮らしていたので、必ず連絡がつく会社に電話したみたいです。

職場だけに話す内容には限界があり、周りを意識しながら話をしましたが、兄は御構い無しで大暴れ口調で私は困っていました。 その時はお金が無くてすぐに返すことができず、待って欲しいと言っても聞き入れてもらえませんでした。

そんなやり取りをしていた私を、疑問に感じた上司が話かけて来ました。兄との電話を中断して上司に理由を話すと、そのお金貸すからお兄さんに返しなと、言ってくれたので兄に返すと伝え電話を切りました。

1万円はその日の夜兄に返し、職場に電話して大暴れした兄に対し怒りを感じ、付き合いを止めることにしました。 3年位は全く連絡を取らないでいましたが、お金を返さなかった私も悪いと反省し、兄に連絡を取り仲直りしました。 今はお互い結婚して家族もいるので、付き合いはありますが過去の苦い経験があるだけに、本当の仲の良さはありません。

暴言を吐く人

結婚したのが地獄の始まり、独身に戻りたい。

私は結婚をしてから本当に地獄の連続です。離婚していないのが不思議なくらいだと自分でも思っています。結婚する前に、今の主人に「カードローンや借金があるなら嘘をつかずに教えて下さい」と先に言ってもらいました。そしたら約30万円ほどありました。そのお金は私が支払いました。これでまずは新婚生活を送っていけるなと思いました。私達はお互いに自営業だったため自宅に職場をつけるリフォームを行いました。それも無事終わり。私は独身時代に自分のお店を持つためにとコツコツ貯めた貯金がありました。そして結婚祝いのご祝儀なども全て寄せてためていました。

そして結婚して1ヶ月経った時、主人に請求がきました。まず東京に住んでいた時の住民税、まだあったカードローン、東京時代の事務所の滞納金。しめてこれが120万。その1ヶ月後にまた主人に請求が大学のお金約400万。そして仕事でミスをして裁判所沙汰になっていた損害賠償1000万円。この事主人の両親は全て知っていました。連帯保証人になっていたりしたので。私は今まで借金とは無縁の人生を送ってきました。すべて借金に飛びました。私の両親にも200万かりてまで返済に回しました。こんな状態に主人の両親は1円たりともお金を出しませんでした。

この間に私は出産し子供のためにと必死に働いています。3つ掛け持ちしながら働いたらさすがに体を壊し、今は治療もしながら働いています。借金が多すぎで主人は自己破産をしました。正直、主人は何もできません。今主人は勤めについていますが、正直たりません。毎日お金に頭を悩ませている毎日です。勝手に私の名前を使って使われたカードの返済などに今は追われています。本当にこの人と出会わなけれはこんな苦労しなかっただろうなと思います。私の両親にも申し訳なくてしかたないです。主人の両親は恨みしかありません。まずは自分の子供を立派に育て上げたいと思います。

燃えるお札のイメージ

寂しさで買い物や出会い系に走って自己破産

家族内に隙間風が吹き始めた頃、主人は家族を顧みず、仕事中心の生活を送っていました。子供は、保健室登校に為り、挙句は、校長室登校に…。そんな時に、スタイルが気になり出した私のところに補正下着のセールスの方が来て、やり取りしてる内に買う事になってしまいました。そして、宝石まで…。

子供の学資保険を解約して、出会い系サイトにハマってしまったりもしました。今の自分には記憶が無いので、どれだけ主人のお金を使ったのか解りませんが、それが主人にバレて怒鳴られて、実家へ1年別居していました。

その間、両親が色々と動いてくれて、弁護士に頼んだりしましたが、こちらに有利ではない自己破産になりました。信用の無さに未だに悩んでおり悲しいです。カードローンも金利が低いものは受けられません。専業主婦が理由でもありますが…。急な大きな出費の時にどうすればいいのかと不安になります。

その中でも一つだけ、カードローンを作る事が出来ました。これは、子供の教育費に使う為です。私が学資保険使ってしまったので、これでどうにかしないといけません。子供のしたい事が出来なくならないように。

今では心の隙間を買い物で埋めようとしたことを本当に後悔しています。女性は心の隙間を買い物で埋める人が多いそうですが、本当に気を付けてほしいです。

破産に悩む人

大金を目の前にして欲を出した伯母

現在住んでいる土地が嫁の祖父名義になっているのですが、その祖父は、痴呆で老人ホームに入っていて一人身です。祖父には子供が5人いて、次男が家の嫁さんの父親になるのですが、現在は亡くなっていません。お父さんがなくなる前に名義変更してればよかったのですが、してなかった為に祖父の名義のままです。

祖父名義ではありますが、その土地に私たち家族は住ませてもらっているので、固定資産税等もろもろ土地にかかるお金は、私の給料から支払ってます。まぁ、家賃代わりとしてと思ってるので、その事に関しては問題はありません。

問題の一つは、最近家の隣に道路ができるとの事で工事が始まったのですが、一部分が家の土地にかかる為、お金が出るとのことでした。900万位出るとのことでしたので手続きをしたのですが、名義人ではないので承認が下りません。そこで、おじいさんに相談したいところですが、何せ痴呆なので無理と言うことで、近くに住んでいるおば(5人兄弟の三女)に相談することにしました。

快く受けてくれて、入ったお金から少し貰えるとの事でしたので、安心して任せたのですが、ふたを開けてみたら、とんでもないおばさんでして、金に目が眩んだのか、約束してた期日にお金は頂けないし、あげくの果てに、私達が現在住んでいる土地の前と後ろの土地を、住んでいる私達になにも言わずに売ってしまっていました。兄弟で相談してやったみたいですが、名義人でもない私達が何を言っても聞く耳もたずです。

まぁ、約束をしたと言っても口約束だし、名義人でもないので、このまま泣き寝入りするしかないのかなと思っていたのですが、私の母親に相談したら「闘ってみたら?」と言われ、私もそうだと思い直しました。まず、市で行っている法律相談に行ったりしています。 今後は、これからかかる費用とか、18年間払ってきた税金も含め、約半分の450万を貰えるように、法廷で争うつもりです。

一軒家のイラスト

身内とはいえ、保証人には絶対になってはダメ!!

元々夫婦で商売をしていた私の友人。不景気なのもあり、お店を閉める事になりました。しかし借金が残っていたらしく、閉店後は夫婦別の場所で共働きをしていました。初めの頃は二人とも順調に仕事をしていたみたいなのですが、何年か経ち旦那さんの浮気が発覚し二人は離婚。友人には子供も居たのですが、養育費や慰謝料は一切無かったそうです。

離婚して暫くたった頃、友人の元に弁護士さんから連絡が来たらしく、元旦那さんが自己破産したので保証人である友人に借金の返済をお願いしたいという事。借金は二人で商売をしていた時のもので、友人は離婚しているので関係ないのでは?と弁護士さんに聞いたところ、離婚していても保証人になっていたら関係ないと言われたそうです。

事務所にも出向き話をしたみたいですが、やはり保証人になっている以上、離婚していてもその保証人が返済する義務がある様です。元旦那さんにその事を電話で伝えたみたいですが、『俺はそんな事知らなかった!』の一点張りだったそうです。友人は子供を抱えたシングルマザー、弁護士さんと月々の返済額を決めて毎月頑張って払っていました。今ではもう完済しているみたいで、笑い話として時々この話が出ることがあります。

借用書のイメージ

身内であろうと保証人にはなってはいけない

弟から借金をするのに保証人になってほしいと頼まれ、身内なのでおかしなことはしないだろうと、保証人欄にサインしてしまった結果、最悪の事態におちいりました。弟は多額の借金をかかえ、その借金が原因で自殺してしまいました。保証人になってしまっていたので、当然支払いはこちらへ。借金額は500万円にもなっていました。

家族5人を養っていきながらの返済には、それはそれは苦労しました。家族だから大丈夫。家族以外でも信用できる人なら保証人になってもいいなんて、お金の世界にはまったく通用しないことを身をもって体感しました。いまではなんとか返済もおわり、やっと普通の生活に戻ることができましたが、息子たちには、身内でお金のやりとりするなら、また親しい友人や信頼できる人や恩師等であっても、保証人には死んでもなるなと言っています。

どうしてもその人に対して援助なり助けが必要で、してあげたいのであれば、自分の出来る範囲でお金を貸すのでもなく、あげるように言っています。それができないなら、すべて断るようにと。さもなくば、何事もなく平穏に暮らしていた生活が、急変して落ちる可能性があることを、生活の変化も含めて語るようにしています。

印鑑

援助していた甥に裏切られて逃げられた。

祖母が20年くらい前に体験した甥との間の金銭トラブルです。

祖母の甥がほぼ駆け落ち同然で結婚しました。当時甥はまだ社会人になって1年程で、当然給料も少なくとても生活できる状態ではありませんでした。両親の反対を押し切っての結婚だったので、援助もなく結婚後、半年も経たずに祖母をたよってやって来ました。

祖母は小さいながらも会社を経営し、そこそこの余裕がありました。祖母自身もお金にはとても苦労をして生活してきたし、甥は真面目で頑張り屋だったので、少しなら援助しても良いかなと思ったようです。そして、当面の生活の足しにということで、50万程渡しました。

しかしまた半年も経たないうちに、今度は子供が出来たから少し融通して欲しいとやって来ました。この時も、生まれてくる子供に苦労させてはいけないと、何と100万も渡したのです。それからも5年くらいはちょくちょくと渡していて、結局500万近く甥に援助したのです。

高額ですが、頑張って働いてそれでも足りないし、私しか頼るところがないのだから援助も仕方ない、と祖母は思っていたようですが、実はそうではありませんでした。

最初こそ給料が少なく苦労したようですが、祖母からの援助金で買った株で偶然大儲けして、相当な資産があったのです。会社のお客さんからそのことを知った祖母は、甥に話をしに行きました。甥は泣いて祖母に詫び、今月中に全額返すと言ったものの、数日後に引っ越ししてしまい行方が分からなくなりました。

投資で稼ぐイメージ