完済後にまた払えと言われて裁判に

以前生活保護で苦労していた時の話です。パチンコが好きで行ってたんですが、その日はむきになって、全財産パチンコにつかってしまいました。生活に困ったため、泣く泣く友人に借りることに。一度に全部返金できないので、分割払いで大丈夫と言ってもらいました。

そして返済していき全額返し終わったはずですが、まだ返して貰って無いと裁判を起こされたのです。借用書も領収書もなく信用しきっていた自分が馬鹿でした。裁判の結果は私に支払義務があるとのこと。でも実際には払い終わっているので、絶対払いたくありません。まだその他の借金もあったので、自己破産することに決めました。

生活保護なので法テラスという制度を活用して、お金がかからない方法で自己破産の手続きをしていただいて無事成立しました。結局きれいになれたのでその友達には感謝ですが酷い話です。一度払ったものを最初からもう一度払えというんだから、人は信用できませんね。

パチンコ三昧だった自分も悪いですが友達も酷いです。馬鹿にしてるのか領収書も無いのに裁判起こすなんて、悪魔以外何者でもない。二度払わそうとする諸行は鬼です。それっきりパチンコもやめて友だちとも縁が切れて音信不通になりました。しばらく人を信用できなくなり対人恐怖症になりました。

裁判所のプレート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)