大金を目の前にして欲を出した伯母

現在住んでいる土地が嫁の祖父名義になっているのですが、その祖父は、痴呆で老人ホームに入っていて一人身です。祖父には子供が5人いて、次男が家の嫁さんの父親になるのですが、現在は亡くなっていません。お父さんがなくなる前に名義変更してればよかったのですが、してなかった為に祖父の名義のままです。

祖父名義ではありますが、その土地に私たち家族は住ませてもらっているので、固定資産税等もろもろ土地にかかるお金は、私の給料から支払ってます。まぁ、家賃代わりとしてと思ってるので、その事に関しては問題はありません。

問題の一つは、最近家の隣に道路ができるとの事で工事が始まったのですが、一部分が家の土地にかかる為、お金が出るとのことでした。900万位出るとのことでしたので手続きをしたのですが、名義人ではないので承認が下りません。そこで、おじいさんに相談したいところですが、何せ痴呆なので無理と言うことで、近くに住んでいるおば(5人兄弟の三女)に相談することにしました。

快く受けてくれて、入ったお金から少し貰えるとの事でしたので、安心して任せたのですが、ふたを開けてみたら、とんでもないおばさんでして、金に目が眩んだのか、約束してた期日にお金は頂けないし、あげくの果てに、私達が現在住んでいる土地の前と後ろの土地を、住んでいる私達になにも言わずに売ってしまっていました。兄弟で相談してやったみたいですが、名義人でもない私達が何を言っても聞く耳もたずです。

まぁ、約束をしたと言っても口約束だし、名義人でもないので、このまま泣き寝入りするしかないのかなと思っていたのですが、私の母親に相談したら「闘ってみたら?」と言われ、私もそうだと思い直しました。まず、市で行っている法律相談に行ったりしています。 今後は、これからかかる費用とか、18年間払ってきた税金も含め、約半分の450万を貰えるように、法廷で争うつもりです。

一軒家のイラスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)